ランキングサイトで婚約指輪の情報収集しよう

色鮮やかなドレスの選び方

カラードレス

色による雰囲気の違い

カラードレスは、真っ白なウェディングドレスと対比して着る、彩り豊かなドレスです。様々なデザインや色味があり、選ぶカラードレスによって見た目の雰囲気ががらっと変わります。例えば、暖色系のオレンジやブラウンのカラードレスは大人っぽい印象を作り出しますし、ピンクや黄色などの薄い色は、華やかで可愛らしい印象をもたらします。どのような印象にしたいかは、ウェディングドレスとの相性を考えてみると良いでしょう。ウェディングドレスの雰囲気と違ったカラードレスにすれば、二着で印象を変えることが出来、より花嫁らしさが強調されます。また、逆に全く同じような雰囲気のものにしてもその人らしさが現れるため、自分に合った方を選びましょう。

柄物とシンプルスタイル

カラードレスは、一色の鮮やかな色を使っているものと、ドレス全体に柄が入っているものがあり、それによっても大きく印象が変わります。柄物で人気なのは、やはり花柄です。小物やヘアスタイルをシンプルなものにしても、ドレス自体が強調されますのでとても華やかな雰囲気にすることが出来ます。ドレスの花柄と同じ種類の花でブーケを作るというのも素敵です。シンプルな一色スタイルも、ドレスのシルエットを強調することが出来るので、ものによってはスタイルカバーや足長効果をもたらしてくれます。自分に合ったカラードレスを見つけるのは大変ですが、様々な観点から注目して選んでいくと、必ずぴったりのカラードレスを見つけることが出来ます。