ランキングサイトで婚約指輪の情報収集しよう

花嫁が身に着ける衣装

レディ

意味合いと色合い

ウェディングドレスは、お嫁に行く女性が身に着ける特別な衣装です。真っ白なウェディングドレスには、これから新郎である男性の家に染まります、という深い意味合いが込められています。またその後着るカラードレスには、新郎に染まりましたという意味も込められています。しかし、ウェディングドレスの白にも、実は微妙な違いがあるのです。一般的に、若い女性は純白のオフホワイトや光沢のあるパールホワイト、30代あたりからは、落ち着きのある少し色が入ったアイボリー色が似合うとされています。白色の違いだけで、着たときの雰囲気もがらっと変わります。年代や好み、デザインに合わせて自分にぴったりのウェディングドレスを見つけることが大切です。

自分に合う雰囲気とは

しかし、ウェディングドレスは実に様々な種類があります。そのためどれが自分に似合っているのか、試着を続けていると分からなくなってしまうこともあります。一般的に、背の高い人は、すらっとしたマーメイドラインのようなウェディングドレス、背の低い人は、ふわりとしたプリンセスラインのウェディングドレスが似合うとされています。さらに小物についても、ティアラはキリッとした美しさ、花は柔らかい可愛さを演出してくれると言われています。このように、自分の体型や雰囲気をある程度カテゴライズしてみると、自然と自分に合うウェディングドレスが見えてきます。それを踏まえた上で選んでいくと、スムーズに準備を進めることが出来ます。